レンタルドレス 演奏会

女性にとってドレスアップは日常から離れる楽しみの1つ。特に演奏会など自分の練習の成果を発揮する場所ではより一層気合が入りますよね。そんなときにどのようなドレスを着るのか迷ってしまうと思います。演奏会ということで、演奏する音楽に曲合っているようなドレスを着ると目立ちますしオシャレですよね。ここでは、演奏会の曲や雰囲気に合わせてドレス選びをするときのポイントについて説明していきます。まず、ドレスアップするときの大前提として、目立ちたい!や美しくいたい!の気持ちだけが大きくなってしまい色やサイズなどを考えずに選んでしまうと周りから著しく浮いてしまいます。自分が着たいものの着るというのはわかりますが周りとの調和も大切にして選ぶようにしていきましょう。しかし、ドレスを購入するとなると普段は着る機会もないし…と思ってしまいますよね。そんなときに便利なのがレンタルドレスです。

レンタルドレスは種類がたくさんある

演奏会用のレンタルドレスにも、さまざまな種類があります。その中でも自分が演奏する楽器に合わせたものを選びましょう。例えば、ピアノを弾くのにあまりドレスが長すぎるとペダルが踏みにくいです。その場合は、膝下くらいの丈のドレスにしましょう。また、バイオリンを弾くのなら胸元にフリルがたくさんついていると演奏するときに邪魔のため胸元をスッキリしたものを選びます。そして、色です。色はその種類によって意味が違ってきます。赤ならば情熱的、愛情などの意味があり、青ならば爽やか、清潔だったり色によって真逆の意味があります。観客も、その時に着ているドレスを見てどんな曲を演奏するのか判断します。その時に演奏する曲は情熱的な曲なのか?それとも爽やかな柔らかめの曲なのか?を考えて選びましょう。

レンタルドレスを演奏会のために借りるときの費用

では、レンタルドレスの価格はどのくらいでしょうか。これは、ピンからキリまであります。自分が選ぶドレスによって変わってきますがドレスにダイヤやルビーなど宝石が埋め込まれているものは価格が高いです。そしてレンタルドレスのお店のコンセプトにもよっても価格が違ってきます。安さが売りで勝負をしているところもあれば、ドレスのクオリティで勝負をしているところでは価格を高くしています。大体の参考ですが、安いところだと6000円程度で高いところだと20000円ほどかかります。そして、レンタルドレスを選ぶときに忘れてはいけないことがドレス以外の小物も必要ということ。ドレスだけではなく小物の価格も考えて予算をくむ必要があります。以上のことを参考にして自分にとってピッタリの演奏会用のレンタルドレスを見つけましょう。